※携帯電話のアドレス、hotmailではメールが受け取れません。それ以外のアドレスでご登録下さい。
※メールマガジンの購読は1クリックでいつでも登録解除できます。

あなたも一度はこのように思った事があるのではないでしょうか?

しかし、私の本音を言わせてもらえば、
そう思っている時点でダメです。

絶対に収入が上がることがありません。

なぜなら、収入の増減を他者(職場)に
委ねてしまっているからです。

自分の収入を他の誰かに依存している限り、
何をどう考えてもあなたが満足いくほどの
収入アップを見込むことができません。

実際、あなたが期待しているほどの
収入アップが実現できていないからこそ、
今このページに来ているのではないでしょうか?

しかし、あなたのその悩みを解決する方法があります。

それは、

です。

インターネットが発達した現代においては、
個人が何千万円、何億円といった金額を
稼ぐことはそう難しくない時代になりました。

真っ当なビジネスを、正しい方法で、正しい行動量こなせば、
誰にだって年収1000万くらいは楽勝で稼げます。


でも、世の中のほとんどの人が
そんな金額を稼げていないですよね?

その理由は単純明快です。

「お金の稼ぎ方を知らないから」です。

小学校から始まる日本の教育において、
根本的にお金の稼ぎ方について
教えてもらう機会がありません。

たとえば、「1ヶ月で10万円稼いでください」と言われたら
あなたならどんな方法で10万円を稼ぎますか?


ほとんどの人が「どこかでバイトする」みたいな話になると思うんですよ。

しかし、正直に言うと私なら
「“1日で”10万円稼ぐ方法」が
100パターンくらいは浮かびます。

「1ヶ月」じゃなくて「1日」です。

もちろん、真っ当な方法で、です。

これは何も私の能力が優れているとかそういった話ではなく、
単純に私がそういった方法を知っているというだけなんですね。

申し遅れました。

小玉 歩(こだま あゆむ)と申します。

私は、2009年からネットビジネスを開始し、
当時は「副業」という形で取り組み始めました。

初めは転売ビジネスに取り組み、
翌年の3月に月収100万円を突破。

同年5月よりアフィリエイトを開始し、
2ヶ月目に122万円の報酬を達成する事ができました。

この後、メルマガの発行や教材のリリースと展開していったのですが、
2011年に副業での収入が会社にバレてしまいました。

その結果、退職・独立。

当時の副業での年収は1億円あったので、
それが縁で「クビでも年収1億円」という
書籍まで出版させていただきました。


そして、その後もトントン拍子に
ビジネスも上手く回ってくれるようになりました。

2012、2013年と続けて
1つのアフィリエイトセンターだけで
1億円を超える報酬を獲得↓





翌年2014年も報酬額が1億円を突破し、
インフォトップ年間ランキングも1位を獲得しました↓



さらに翌年の2015年には
報酬額が1億円ほどアップして
2億円を超える結果となりました↓



2016年には年間の報酬額が4億円を突破↓



3年連続で日本一の報酬額を獲得したため、
日本最大手のアフィリエイトセンターである
インフォトップで殿堂入りすることができました。




また、昨年2017年は少し下がってしまいましたが、
年間報酬額は3億円を超えることができました↓



これらの実績は日本最大クラスの
アフィリエイトセンターである
インフォトップで公開されているものです。

ですので、正真正銘、「私が実際に稼いだ金額」であり、
「私が現在進行形で稼ぎ続けている」ということになります。

実は、私自身はもちろん、
私の周りに集まってくれている人たちも
通常では考えられないほどの金額を
稼ぎ出すことに成功しています。

じゃ何でそんなに稼げているのか?と言われれば、
実際のところ答えは1つしかありません。

「真面目にビジネスをやっているから」

です。

「3クリックで月収100万円」だとか、
「世界最新のシステムを使って半年で億万長者」だとか、
「仮想通貨を両替するだけで億り人」だとか・・・

そんなわけのわからないものに惑わされず、
真面目に、真っ当にビジネスに取り組んでいるからです。

では、なぜ私たちがそんなものに惑わされないのかと言えば、
そんなものはあり得ないと知っているからです。

大事なことなのでもう一度お伝えします。

簡単にお金を稼ぐ方法なんてあり得ないと
私たちは知っているからです。

だからこそ、私を含め、私の元へ集まってきてくれる人たちも
ずーっと安定的に大きな金額を稼ぎ続けることができています。


じゃ具体的にどうやって稼いでんだよ!というところが
あなたが最も知りたい情報なのではないでしょうか?

先ほどもお伝えしましたが、
もちろん何か悪いことをしているわけではないですし、
楽して簡単に稼げる方法でもありません。

「超」がつくほど真っ当なビジネスを
真面目に淡々とやっているだけです。


では実際に、何を、どうやれば
年間で何千万、何億円といった
金額を生み出すことができるのか?


そのすべてを一切包み隠すことなく公開しようと思います。

そこで、

英語を話せるようになりたければ、
実際に英語を話せるようになった人から
教えてもらった方が良いです。

これは言うまでもないことですよね。

これと同じで稼ぐ方法を学ぶには、
実際に稼いでいる人に聞くのが
手っ取り早いです。

既に知っているわけですから。

しかし、これは逆に言えば稼いでもいないのに
稼いでいるふりをしている嘘つきから学ぼうとすると
大やけどをしてしまう恐れがあるということでもあります。

はっきり言って、
一生稼げるようにならないと
言っても過言ではないでしょう。


死ぬまで貧乏なままです。

なぜなら、稼いでもいない人から教えてもらっても
あなたが稼げるようになるわけがないからです。


当然ですよね?

そこで、今回は本当に稼いでいると
証明できる本物の実力者8名から

【稼ぎのエッセンス】

を根掘り葉掘り聞き出すことにしました。

つまり、具体的に、何を、どうやって稼いでいるのかを、
年収数千万〜数億円のメンバーに聞いてきたということです。

理由は簡単。

私が知りたいからです。笑

今回集まってもらったのは
もともと私の個別コンサル生として
学んでくれていた8名です。

※個別コンサル生のことを「メンタークラブ生」と呼んでいます。

まず1人目は、メンタークラブ2期生の坂本幸一さんです。

「好きなことを仕事にする」

最近になってよく耳にする言葉ですが、実際は口で言うほど簡単なものではありません。
と言うよりも、想像を絶するほど困難な道のりです。

しかし、その夢物語のような話を、道なき道を、現実のものへと変えたのが書道家の坂本さんです。

「書道家になる」

と聞いて、あなたは具体的に何をどうすれば良いのか・・・想像できますか?

そして、その思い描いた通りの道筋を一切ブレずに突き進んでいくことができるでしょうか?
実際に坂本さんは、周囲からの反対をはじめとして、様々な障害が目の前に立ちふさがりました。

しかし、自身の夢の実現のため、そして自身が志す「本当の教育」の実現のため、高校教師を辞めて書道家としての道を歩むことを決意したんです。

当然ながら最初はまったく上手くいきませんでしたが、最新のインターネットマーケティングを活用したことで見事にマネタイズに成功。

今では教師時代の収入の10倍を稼ぐことに成功しています。

さらに、稼ぐという観点だけではなく、起業した経験を生かして経営者に向けての講演や、海外の大学で夢を叶える特別講義も実施など、日本国内外で活躍の幅を広げています。

もし、あなたが「好きなことを仕事にしたい」と思っているのであれば、坂本さんの話は誰のものよりも参考になると思います。

是非、楽しみにしていてください。
2人目は、メンタークラブ2期生の三浦孝偉さんです。

大手広告代理店で、広告・販促プロモーション・メディア戦略活動を企画・実施することで、大企業の商品・サービスのブランディング・マーケティングを学んできた三浦さんは、

メディアのプロ

とでも言うべき存在です。

常にメディア業界の動きにアンテナを張り、この業界でここまで深くメディアについて洞察できる人はいません。

もし、あなたが、

「情報発信」「メディア」「メールマガジン」

こういったジャンルに興味があるのであれば、三浦さんの話だけは絶対に聞き逃さないでください。

また、教え子と真正面から向き合う高い指導力にも定評があり、自身が主催するコミュニティーでは、各参加者の目標達成率100%を達成

お客さんの満足度が非常に高いため、当然ビジネスも絶好調で、起業5年目にして、広告費0円、たった1人で年商1億円を突破しました。

メンタークラブの中でも、今、最も勢いに乗っている人物の1人であり、最注目の人物です。
3人目は、坂本さん、三浦さんと同じくメンタークラブ2期生の横山ゆきさんです。

横山さんも、書道家の坂本さんと同じように「好きなことを仕事に」を体現している人物です。

彼女が情熱を注いでいたもの・・・それは「英語」でした。

留学もせず、英会話スクールにも通わず、Nativeともほとんど接触しない独特のスタイルでTOEIC900点越え、Native並みの英語習得を実現しました。

楽しく効率の良い英語学習法だけでなく、英語の勉強を通して人生を豊かにしていく発信が人気を博し、オフィシャルメールマガジンはまぐまぐ殿堂入り

さらに彼女がリリースしたiPhoneアプリは12万ダウンロードを超えています(東京ドーム3つ分です)。凄まじいですよね。

おそらく、個人単位で活動で言えば、日本一稼いでいる英語講師でしょう。

また、彼女の教え子には、英語が上達するだけではなく、次々と英語以外の人生をも向上させる人が現れているのも特徴です。

たとえば、教え子の中には、お金の稼ぎ方は全く教えていないのに、(なぜか)月収100万円を超えたり、転職が一発で決まったり、年収が上がったり、海外移住が叶ったり・・・・

やりたいことを実現する人を輩出できています。これも彼女の指導力の賜物でしょう。

2016年5月には長年勤めた外資系製薬会社を退職し、日本にいながら世界で存在感を示せるビジネスコスモポリタンを育成すべく日々活動しています。

「所詮、ただの英語講師だろ?」と甘く見ていると確実に足元をすくわれますよー。

英語講師でありながら、英語を上達させるだけではなく、教え子の人生ごとまるっと変えてしまう彼女の指導力・影響力・個人が持つパワーを、対談を通じて是非体感してください。

4人目は、メンタークラブ4期生の前村健輔さんです。

彼のことを一言で表現するなら

物販モンスター

という言葉がしっくり来ます。

なぜなら、彼には圧倒的なまでの実績があるからです。

彼の場合、2015年から物販事業の拡大を開始し、各種メーカーの卸、代理店販売に力を入れてきました。

そして、2016年度より自社商品開発を絡めた通信販売事業をスタート。

続く2017年度の物販事業における年商は10億円を突破しました。

そして、今回の対談の中でも話していますが、2018年に入ってからは3ヶ月間で7億5000万円の売上を達成しています。

しかも、ほぼ1人での実績です。とんでもないですよね。

そして、自らが稼ぐだけではなく、指導者として数えきれないほどの教え子を稼がせることに成功しています。

なぜ、彼の教え子が次々と稼げるようになっているのかと言えば、彼独自の国内転売ノウハウが凄まじいだけではなく、彼の指導力が誰よりも際立っているからです。

これは彼と実際に話したことがある誰もが認めるところでしょう。

今回の対談では彼の稼ぎのノウハウだけではなく、「彼」という人物にも注目してみてください。
5人目は、メンタークラブ5期生の西野之啓さん。

埼玉県出身の29歳です。

西野さんは、本来であれば私とは絶対に交流を持つことなどあり得ないほど特異な経歴の持ち主です。笑

高校中退、貯金なし、資格・特技もなし、人脈ゼロ、無職・・・

さらには1000万円を超える借金を抱え、命の危険すらあった状態から、貯金がなくてもでパソコン1台で起業できるビジネスに出会ったことで彼の人生は大きく変わり始めます。

最初は1円すら稼げない状態が続きましたが、「文章だけで人を動かす」スキルを身に付けたところ、わずか8ヶ月で収入が2000万円を突破しました。

彼がコピー(セールス)を手がけた“あるキャンペーン”では、クライアントに累計2億円以上の売上をもたらすことに成功しました。

彼のビジネスに必要なものはパソコン1台のみ。

時間にも場所に縛られないため、好きな時に、好きな場所に旅行へ出かけながら生活をする自由なライフスタイルを送っています。

もし、あなたが「コピーライティングをマスターしたい!」と思っているのであれば、彼の話だけは耳をかっぽじって聞き入ってください。
6人目は、メンタークラブ6期生の相原良太さんです。

私のメンタークラブ生には高学歴な人も多いのですが、彼もその典型例と言えます。

なぜなら、東京大学大学院を卒業しているからです。

彼の持ち味は何と言っても集中したときの爆発力でしょう。

その持ち前の爆発力を発揮して、ネットビジネス参入からわずか3ヶ月で月収110万円を突破しました。

さらに、その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせた独自のノウハウを確立し、収益を爆発的に伸ばすことに成功。

2017年の年商は約2億円を達成しました。

現在では、インターネットと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、自社で開発したツールや物流インフラを最大限に活用し、スマートフォン1つで実践できるビジネスサービスの提供に力を入れています。

システムを活用した自動化ビジネスにより、数多くの成功者を輩出することに成功しており、彼の徹底した利益へのこだわりは私も見習わないとなーと日々感心しています。

あなたも「システム化」「自動化」「スマホで稼ぐ」といったことに少しでも興味があれば、彼の話は聞き逃さないでくださいね。
7人目は、同じくメンタークラブ6期生の中川直之さんです。

2015年、中川さんはバスケットボールを日本各地に教えて回る「会いに行くコーチ」としてコーチング活動を開始しました。

インターネットで情報発信を行なって指導依頼に繋げる活動を続け、年間で1万人以上のバスケットクライアントの指導に携わりました。

しかし、肉体労働者としての未来に不安を感じるようになり、2015年12月末に私が主宰するFrontline Marketing Clubというコミュニティーに入会します。

そこから私の軽いディレクションからバスケットボールに関するコンテンツ販売を実施し、わずか2日で200万円の売上(ほぼ利益)を達成

勢いそのままに、月1ペースで教材をリリース。

2016年の1年間で全10弾の教材をリリースし、1~1.5万円のバスケット教材を年間で2000本以上も売上げることに成功しました。

2016年11月には月額会員制コミュニティをリリースし、日本全国から約500名の会員を集めました。

今では安定的に毎月500万円以上の収入があります。

まさに好きなこと・得意なことをビジネスにして稼ぐことを体現した人物と言えます。

もし、あなたが「好きなことを仕事にしたい」と思っているのであれば、中川さん・坂本さん・横山さんの話は何を差し置いてでも必ず聞くようにしてくださいね。
最後の8人目は、同じくメンタークラブ6期生の広田光輝さんです。

転売からネットビジネス成功のゴールデンルールを突き進み、24歳で月収500万円を達成した実力者です。

19歳の時にネットビジネスの世界を知り、アフィリエイトや色々な転売に手を出すも結果が出ず挫折。

気がつけばノウハウコレクターになっていました。

しかし、国内転売ビジネスと出会って人生が一変します。

開始半年後には利益で100万円を達成し、それから3ヶ月後に法人化することに成功しました。

そして、その勢いのまま、物販ビジネスの再現性と即効性に可能性を感じて教育ビジネスを開始します。

現在は、400名以上の生徒に転売を指導しながら、起業家のプロデュース、マーケティング事業に力を入れています。

広田くんの長所は、何と言っても教え子に成果を出させるのが上手いことです。

若くて指導力がないどころか、これまで聞いたことがないレベルで次々と成功者を生み出すほど、高い指導力を誇っています。

現在までに月収30万円以上を約200名、月収100万円以上を約45名輩出しています。

とんでもない実績ですよね。

もし、あなたが「ネットビジネスに真剣に取り組んでるけど、思ったように成果が出せない…」と悩んでいるのであれば、広田くんの話に注目してください。

対談の中で、成果を出すためには何が必要なのか?を熱く語ってくれています。

※携帯電話のアドレス、hotmailではメールが受け取れません。それ以外のアドレスでご登録下さい。
※メールマガジンの購読は1クリックでいつでも登録解除できます。